大根のカガヤク トコロ「葉っぱ」を食べる

畑で採れたものを食べられる喜び

京丹後市に移住した我が家の、田舎暮らしを記事にしています。

今日は、『食材編』

僕は京都市で生まれ育ったので、食べる物を買うのは、ほぼスーパーでした。

僕の嫁の実家は京丹後市にあり、嫁のおばあちゃんは畑で野菜を育てています。

「畑でとれたてのものが、すぐに食べられる。」

田舎の方からすると、ごくごく当たり前のことが

僕にはおもしろくて、なんだか嬉しい。

葉っぱ付きの大根

本日は「大根」でいこうと思います。

子供が一生懸命大根を抜くところを見るのはなんとも力が入る!

大根がとれると、一緒に同じくらいの長さの「葉っぱ」が
セットになってくる。

これも本当に当たり前のことなんですが、僕からすると、おもしろいこと。

スーパーで売られている大根は、ほとんど葉っぱが切られた状態で売られている。

  • 葉っぱは、すぐにしおれるし見た目が悪くなるから
  • 買った後かさばるから
  • 農薬の問題

理由はいろいろあると思うけど。でも畑で採れば、当然、葉っぱがついてくる。

そしてスーパーでしか大根を買ったことがなかった僕は

嫁の実家で、大根の葉っぱが食べれらることを知る。

  • 普段食べないもの
  • 食べたことがないもの
  • 捨てていたもの
  • 興味なかったもの

そんなのが、本当は食べれる。しかも美味しくて、栄養価も高い。

そんな経験が僕はとても好きで、ワクワクする。

似たような経験がまだまだ田舎を知ってからあるけど、今後ひとつひとつ紹介していこうと思います。

大根の葉っぱ炒め

今回は大根の葉っぱを使った料理を紹介します。

ポイント
・葉っぱは硬いので、長めに火を通す
・繊維質なので、小口切りなど、細かく刻むほうが良い

①大根の葉っぱを小口切りにする。

②フライパンにごま油をしき、大根の葉っぱを炒める。

③味付けは「さとう」「しょうゆ」「酒」分量はいつも適当ですが、
『ご飯のお供』になるような料理なので、「甘めの、濃いめ」な味付けになればいいです。

④最後にごまを多めにかけてできあがり。

ふりかけ的な感じで、じゃこや鰹節をあえてもおいしいはず!

少し大根の葉の苦味があって、それがまた大人の味で美味しいです。

ご飯にのっけたり、おにぎりにいれてもOK。

そして、大根の葉っぱは味位だけでなく栄養価も高い。

大根には白い部分の野菜と、緑の部分の野菜があると思ってもらうといいかもしれない。

そこを好確率で捨てているのだからもったいない話しですね

普段はみんな食べない、気づかれない、『大根の葉っぱ』

しかし、そのポテンシャルや、ハンパないです。

これはまさしく

『大根のカガヤクトコロ』でしょう!

田舎や、道の駅、畑をやっている知り合いがいる方は是非、この葉っぱ付き大根を手に入れて、葉っぱを食べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です